Camerax

シーン別にカメラを選ぶ

カメラは、自分がどのシーンで良く写真を撮るかで選ぶと良いです。
持ち歩いてスナップ写真を撮る人は、小型で軽量のコンパクトデジタルカメラが良いです。
200万画素で綺麗な写真が撮れます。
光学が2~3倍のズームレンズで、撮影の幅が広がります。
フィルム代や現像代がかからず、液晶モニタで皆で撮影の出来を確認できます。
次に動くものを写す場合は、連続撮影機能を利用して最もブレていないものを選びます。
またシャッタースピードを速くする方法もあります。
例えば野球ボールは500分の1秒、虫の細かい羽の動きは1000分の1秒に設定しないと鮮明に撮れません。
光量不足をカバーするために、ISO感度が簡単に調整できる好感度デジタルカメラを使うと良いです。
本体には撮影モードが設定されており、スポーツモードなど動きの速いものを捉える機能が搭載されています。
遠くのものを撮影する場合は、光学ズームの倍率が高いカメラを選びます。
ズーム機能には光学ズームとデジタルズームの2種類がありますが、光学ズームの方がキレイに撮れます。
また遠くにある被写体を大きく撮影する時は、デジタル一眼レフカメラの交換レンズに望遠レンズを使って、高倍率にします。

用途に合わせて選びたいカメラ

カメラを使うことで、人物や料理、風景といった様々なものを写真に撮影することができます。
自分の目で見るだけではいずれ記憶から薄れてしまうものでも、カメラで撮影しておけば半永久的に残せるので便利です。
技術の進歩により誰でも安価で手に入れることができるようになったので、性能やサイズなどに合わせて複数持つのも楽しいものです。
カメラの種類は大きく分けて、一眼レフタイプとコンパクトタイプと分かれます。
一眼レフタイプは本格的な写真撮影を可能にするもので、大切な瞬間を残しておきたい時に活躍します。
本体のサイズが大きかったり価格も高いという欠点がありますが、細かな設定が可能なため自分好みの一枚を撮影できます。
一眼レフタイプの特徴は、本体とレンズが別売りになっている点にもあります。
様々なタイプのレンズが揃っているので、撮影目的に応じて最適なレンズを買い揃えていきます。
一方のコンパクトタイプは、一眼レフに比べると入手しやすい価格設定になっています。
レンズもすでに装着されているので、出費を抑えて気軽に撮影を楽しみたい方に最適です。
本体のサイズも小さいため、女性にとっても扱いやすく、旅行の際に持ち歩くのにもぴったりです。
それぞれ特徴があるので、どんな写真を撮りたいのか、どこへ持っていくのかなど、用途を考えて最適な一台を選んでください。

check

霊芝の効果を活かしたサプリです

霊芝を飲む

都内近郊で多種多様なハウススタジオを完備しています!

ハウススタジオ

プライバシーマークのことなら、お気軽にご相談ください。

ISO移行コンサルなら

2018/3/8 更新